Blog&column
ブログ・コラム

都立受験を考えている場合に内申点も重視するべき理由

query_builder 2022/01/03
コラム
omr-sheet-fill-paper
東京都立高校の入学者選抜には「一般入試」と「推薦入試」の2種類があります。
しかし、いずれの場合も、都立受験当日の結果だけで判断されるものではありません。
都立受験では、中学校での「内申点」も大きく関係してきます。
この都立受験における「内申点」について簡単に説明します。

都立受験での入学試験の内容
まずは、「一般入試」と「推薦入試」について簡単に説明します。

■一般入試
受験当日に、5教科での学力検査を行います。
この学力検査の結果と内申点により合否が決まります。

■推薦入試
受験当日に、個人面接や集団討論などを行います。
この当日検査と内申点により合否が決まります。

都立受験の一般では「7対3」の比率で合否が判断される
都立受験の場合、「学力検査=7」「内申点=3」の比率で合否が判断されます。
もちろん割合の多い当日の学力検査も非常に重要です。
しかし合格するためには、可能な限り内申点も上げておきたいところです。
内申点には普段の試験結果が反映されるため、なるべく良い成績を取らなくてはなりません。
なお、都立受験での評価対象となるのは3年生での内申点です。
そこで1~2年のうちに「苦手科目」を把握し、対策を打ちましょう。

▼まとめ
都立受験対策として、苦手科目を克服し、内申点を上げたい」
そんなときは日野市にある塾「誠亘会」をご利用ください。
「誠亘会」は、テストや受験対策を行う進学塾として運営しています。
志望校合格に向けて、適切に学習のサポートをいたします。

NEW

  • 早めの新学年進級の準備(中学生編)

    query_builder 2020/11/27
  • 都立受験を考えている場合に内申点も重視するべき理由

    query_builder 2022/01/03
  • 私立受験の一般とは、どんな内容の入学試験?

    query_builder 2021/12/01
  • 私立受験の直前にインフルエンザを発症したら、どうするべき?

    query_builder 2021/11/15
  • 子供が塾をサボるときに考えられる原因と対策とは?

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE