Blog&column
ブログ・コラム

勉強と睡眠時間の関係

query_builder 2021/04/08
コラム
pillow-bed-bedroom-hotel
テスト前や受験に向けて、夜遅くまで勉強したことがある方は多いと思います。
そんなとき次の日が眠さで集中できなかったり、体調へも影響がでてしまったなどの経験があるのではないでしょうか。
勉強と睡眠の関係について詳しく紹介していきたいと思います。
▼勉強と睡眠は関係ある?
勉強を効率的に行うためには、睡眠はとても重要になってきます。
人の脳は眠っている間に記憶を定着させる性質などを持っているため、勉強の成果をしっかりと出すためにも睡眠は必要不可欠です。
そのため勉強と睡眠の関係性は強いと知っておきましょう。
▼学習能力を高める睡眠ポイント
実践できる睡眠のポイントを紹介していきます。
■就寝の30分前
眠る30分前は暗記のゴールデンタイムと言われています。なので覚えたいものを30分間で振り返ることで記憶が定着しやすくなります。
■起床後に復習
起きたら前日に勉強したものを復習するようにしましょう。
そうすることによって、学んだことが長期記憶として定着しやすくなります。
■休憩時間などに短時間睡眠
日中の長時間睡眠はおすすめできませんが、ちょっとした時間に少し寝ることで学んだことが記憶に定着しやすくなります。
▼受験生の理想的な睡眠時間
受験生はどうしても寝不足になりがちです。
勉強は夜遅くまでするのではなく、早寝早起きを心がけて行動することがとても大切です。
受験生の理想的な睡眠時間としては、6~7時間ほどが平均的とされています。
なのでそれを目安に自分の睡眠時間と比べてみてください。
▼まとめ
勉強と睡眠はとても関係が深いです。
睡眠時間を削って勉強を続けていると体調不良や集中力などにも悪影響がでてきますので注意が必要です。
学習能力を高めるためにもしっかりと睡眠をとりましょう。

NEW

  • 早めの新学年進級の準備(中学生編)

    query_builder 2020/11/27
  • 私立受験の一般とは、どんな内容の入学試験?

    query_builder 2021/12/01
  • 私立受験の直前にインフルエンザを発症したら、どうするべき?

    query_builder 2021/11/15
  • 子供が塾をサボるときに考えられる原因と対策とは?

    query_builder 2021/11/01
  • 学力向上のための勉強の方法とは?

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE