Blog&column
ブログ・コラム

偏差値とは?見方について解説

query_builder 2021/02/01
コラム
close-up-colors-cutout-numbers
高校受験・大学受験などで指標となる一つが「偏差値」です。
しかし、どうやって導くのか?何が分かるのか?など「聞いたことあるけど、詳しくは分からない。。。」という方は多いでしょう。
そこで、今回は偏差値について紹介しようと思います。

▼偏差値の意味
偏差値は、平均値というわけではありません。
テストを受けた人たちの中で自分がどのぐらいの位置(順位)にいるかを示す数値です。
学校によってテストの難易度は異なるので、平均点だけでは結果の判断が出来ません。
そこで、平均点を偏差値50として設定し、その基準からどれだけ高いか低いかを表したものです。
あなたの実力を相対的に把握できる数値です。

▼偏差値の見方
■平均点との差
ここで質問です。
Aさんは、英語で50点を取りました。
Bさんは、数学で80点を取りました。
どちらが優秀でしょうか?

普通に見ると数学の80点が優秀に見えますよね。
しかし、「英語の方は平均が35点の難しい内容で数学は平均が90点の簡単な内容だった」ということならどうでしょう。
Aさんの方が平均点よりも上で、Bさんの方は平均点よりも下なのでAさんの方が優秀ということになりますよね。
このように“何点取ったか”よりも“平均点と比べて高いか低いか”と言う方が重要となります。

■点数のばらつき
平均点だけでは、分からないことがあります。
例えば、平均点が同じ70点でも以下の場合どうでしょう。
①「50~70点が多い場合」
②「40点・90点に分かれていた場合」

①の場合は、平均点よりも上なので優秀と分かります。
しかし、②の場合は90点取っている人が何人もいるということなので、70点では優秀とは言えませんよね。

▼まとめ
偏差値は、平均点との差と点数のばらつきなどを踏まえた上で自分の成績・位置を表した数値です。
テストを受けた人数や状況によって異なる場合もありますが、平均値の見方を理解しておきましょう。
自分がどんな位置にいるかを知ることは大事ですよ。

NEW

  • 早めの新学年進級の準備(中学生編)

    query_builder 2020/11/27
  • 中学受験までのスケジュール

    query_builder 2021/02/08
  • 偏差値とは?見方について解説

    query_builder 2021/02/01

CATEGORY

ARCHIVE